イシキカイカク大学|世の中を学び、本気で語る!ネットとリアルの学び場

講師紹介

プロフィール

高橋史朗

高橋史朗(たかはし しろう)

麗澤大学大学院特任教授・モラロジー研究所教授・一般財団法人親学推進協会会長。
米大学院に留学し、対日占領文書240万頁を研究し、ウォーギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)などを発見。
帰国後、政府の臨教審専門委員就任を契機に、問題行動から立ち直った教育実践を理論化する臨床教育学研究に取り組み、
師範塾(東京・埼玉・大阪・福岡)を設立。学級崩壊を契機に、親学推進協会を設立し、親と教師の人間教育に取り組む。

代表的な著作

『臨床教育学と感性教育』(玉川大学出版部)
『日本が二度と立ち上がれないようにアメリカが占領期に行ったこと』(致知出版社)
『WGIPと「歴史戦』(モラロジー研究所)

受講生へのメッセージ

渡辺京二は『逝きし世の面影』(平凡社)で、江戸末期の日本の子供は世界一幸せだと外国人が絶賛したことを紹介し、
「日本の親はどこへ消えてしまったのか」と訴えています。「反日日本人」が国連詣でをして、慰安婦「性奴隷」説を広め、
国際誤解が広がっています。「日本を取り戻す」必要があるのは全ての世代です。そのためには、占領軍が行ったWGIPなどの
事実を知ることが必要不可欠です。令和という新たな時代を切り拓くために、共に学び、探求しましょう!

講座紹介

講座名 日本の教育を考える1
講座テーマと日程
  1. 外国人が絶賛した江戸の子育て・・・9/14(土)午後
  2. GHQが破壊した日本の教育と今日的影響・・・10/13(日)夜間
  3. 令和時代の家庭教育ー少子化対策のパラダイム転換・・・11/4(月)午後
場所 東京(虎ノ門)会議室
注意事項 ※場所はお申し込みの方にのみお知らせいたします。

お申し込み

イシキカイカク大学の受講生の募集や課外講座の案内が欲しいという方は、以下の専用アプリをインストールして下さい。

KAGURA

スマホからアプリをダウンロードしてもらえれば、イシキカイカク大学に関する情報を無料でお送りします!

LINE登録
LINE登録

どうしてもアプリが使えないという方は、事務局にお問い合わせください。

講師一覧

第1期

第2期

第3期

第4期